不動産業者と接触する前に知っておきたいこと

不動産業者と接触する前に知っておきたいこと

ここまでに説明したように不動産業者は手数料収入で仕事をするため、通常の物販のように商品を仕入れて販売するという、通常の販売の概念とは少し違い、買う側と売る側の橋渡しでビジネスが成り立っていて、双方から手数料を得るという、ある意味特異な業種です。
一般的にはより多く収入が得られる側に付くのがこの業種の特徴です。
物件の購入の場合では、購入側の方が大きな費用が得られます。
賃貸物件の場合では、入居者側からは手数料収入のみで通常であれば家賃の1ヶ月分で、大家さんからの手数は少なくとも1ヵ月で、入居者負担0円の場合2ヶ月となり、さらに管理費やリフォーム費用を考えれば、賃貸では大家さんが負担する金額が大きくなる傾向があります。
大きなお金を得るためには大きな金額で契約を成立させる必要があるため、結果的には、必ずその費用は物件を探している人に掛かってくるという仕組みになっています。
売る側や貸す側としては高く売りたい高く貸したい、買う側や借りる側としては安く買いたい安く借りたいというのは当然のことです。
しかし、不動産業者は双方がクライアントとなるので双方の利益を高め、要望を果たし、その対価として手数料を受け取るというプロセスでないといけません。
そのため、しっかりとした業者の見分け方を身につけておく必要がクライアント側にあると言えます。

    Copyright(C) 良い不動産業者と悪い不動産業者の見分け方 All Rights Reserved.