良い不動産物件を探すには賃貸編

良い不動産物件を探すには賃貸編

賃貸やマイホーム購入で不動産物件を探す場合、不動産業者に仲介してもらうことが多いと思います。
業者は紹介を目的に仲介手数料を得ています。
仲介手数料は土地や建物の購入と賃貸のマンションやアパート探しでは違い、賃貸の場合の仲介手数料は家賃の1ヶ月というのが通常です。
業者はこの1か月分の手数料を紹介した入居者からと大家さんからの双方から回収します。
この方法が通常の紹介のシステムで、両方から手数料を回収することで双方に利益のある紹介が成立するということになります。
しかし、近年、不動産業界にも価格競争が激化し仲介手数料0円ということを大きく打ち出している業者も多く、0円で紹介するという概念が徐々に定着しつつあります。
従来は優良物件を紹介する対価として手数料収入を得るということが必然化していましたが、0円ではくたびれ儲けになるだけで何の利益も得られません。
しかし、0円にはそれなりの裏があります。
入居者側からではなく、大家さん側から2か月分回収しているのです。
勿論、大家さん側から2ヶ月となると納得する大家さんは少なく、リフォームなどを請け負う条件に家賃を高くして紹介しているところもあります。
これでは、手数料無料でも長期で考えれば入居者の損となります。
手数料は正当な業者の儲けの手段であることをよく理解しましょう。

    Copyright(C) 良い不動産業者と悪い不動産業者の見分け方 All Rights Reserved.