物件探し 購入編

物件探し 購入編

当然、不動産の物件購入となれば土地や建物にマンションなどで、これらの購入では大きな費用が掛かります。
物件の購入費用に仲介手数料(物件価格の3%)に司法書士による書類作成代行手数料や印紙代などが掛かり、後に不動産取得税も掛かります。
賃貸と同様に仲介手数料は、業者に認められた正当な利益です。
多くの物件を抱える業者は全部が全部販売できる物件ばかりではなく、しかも、必ずしも契約が成立するとは限らず、紹介の手間や時間に経費を掛けた挙句に、よそで契約をするというお客さんも沢山います。
これは、物件購入に大きな費用が掛かるため、消費者としても少しでも出費を減らしたいので、条件が良い業者で契約を交わすという業者間の競争が激化したことによる原因と言えます。
しかし、手数料収入がビジネスの手段であるこの業界で、手数料の便宜を図るということは必ず何かがあると思ってください。
適正な手数料を得ることで、良い物件紹介が出来るため、雑になったり費用が掛からない方に対して、からくりがあるということも不思議なことではありません。
しっかりとした適正な手数料を正確に伝えてくれる業者が良い業者であると言えます。
大きな買い物であるため、あまり契約を急ぐ業者の場合セールスマンの売上げ成績の達成のためとなるので契約を急ぐ業者は好ましくありません。

    関連サイトのリンク集

  • 建てる人それぞれのこだわりを反映出来る、自然の良さを存分に発揮した埼玉の注文住宅会社なら、四季折々の風や光の移り変わりを暮らしに取り入れ、真に健康で、恵み豊かな住環境を提供しているのでオススメです。

Copyright(C) 良い不動産業者と悪い不動産業者の見分け方 All Rights Reserved.