液状化現象はどうか

液状化現象はどうか

不動産の見分け方として昔池や沼地、蛇行する川であった土地などには、地名には池や川や河、沼や水に関係するそれらしき名前がついている場合が多いものです。
そういう土地を埋め立てた場合には地震が起こった時に液状化現象で水が溢れ出したり、家の一方が傾いて傾斜してしまうということも起こり得ます。
昔は住宅の工事をするにも地盤調査を行うことも少なかったでしょうし、宅地造成をしても2回の雨季を経てから家の工事に取り掛かるなどの余裕も無く取り掛かったものと思われます。
近代に入ってからはマンション建築などは地耐力試験などを行い、支持地盤が弱い時には深くて硬い地盤面まで杭を打ち込んで、それで基礎や建物を支えるという工法を取り出した為に、液状化現象にも対応できて来ました。
近年でも大地震が起こると、例え遠く離れていても液状化現象が道路面や住宅密集地でも起こりました。
これを後から補修するといっても費用が掛かり、大変ではあります。
せめて住宅建設に取り掛かる前に地盤の調査を行って、地盤の改良を行うとか杭を使うなどの対策を取って欲しいものです。
傾いた家に住んでいると精神的にも苦痛で正常な状態でいることができません。
なんらかの復元できるような方法をとってでも室内や廊下で球が転がるような事態は回避したいものです。

    Copyright(C) 良い不動産業者と悪い不動産業者の見分け方 All Rights Reserved.