業者選び 良いお店の見分け方

業者選び 良いお店の見分け方

不動産業者に依頼して物件選びをする時は、賃貸にしても購入にしても大きな費用が掛かります。
賃貸の場合では初期費用として、敷金(2ヶ月から3ヶ月分)礼金(1ヵ月分)仲介手数料(1ヶ月分)引越し費用や新居で必要となる家具や家電製品の購入となると、少なくとも家賃の5ヶ月分に転居に掛かる諸費用が大きな負担となります。
これが、マイホームや土地分譲マンションなどの物件購入となると数百万円から数千万円と大きな金額となります。
物件価格に手数料(通常は物件価格の3%)に諸経費+取得税などの税負担の他に、銀行からの借り入れで購入する人が多いので、ローンを組んだ人の場合長年に亘る金利の負担が大きく消費者の肩にのしかかります。
賃貸、分譲の両方に言えることは、大きな費用を必要とするため、しっかりとした予算と計画を立てている人が多いため、予算内でしかも、優良な物件を紹介してくれる業者が良い業者とされます。
大きな費用が掛かる買い物の場合、営業トークで「予算より少しオーバーしますが、もう少し出していただければ、より良い物件が紹介できます」と言うようなフレーズをよく耳にしますが、不動産探しの場合このようなことは良くありません。
予算内でお客さんが納得のいく物件を忠実に紹介する業者が良い業者であると言えるでしょう。

    Copyright(C) 良い不動産業者と悪い不動産業者の見分け方 All Rights Reserved.