業者選び 悪い業者の見分け方

業者選び 悪い業者の見分け方

不動産業者は良い業者を見分けるのが非常に難しい反面、悪い業者の見分け方は非常に簡単です。
悪い業者を見分けるのが簡単と言いながら、ポイントが分かっていなければ悪い点を見過ごしてしまいます。
そこで、悪い業者の見分け方についての説明をします。
必ずしも、大手の不動産業者が良い業者であるとは限りません。
大手業者の場合、女性社員の制服や男性社員の身なりなどが徹底していて、社員教育のマニュアルがしっかりとしているので、清潔感と丁寧さで言えば確かに良いという印象はあります。
しかし、これらの業者に共通することは、大きな宣伝広告費を投じているということで、これらは売上げから賄われるため、消費者側の負担が大きいと言わざるを得ません。
小さい業者の場合、経費が少ないので内容の濃い仕事をするところが多いのですが、大手のようにしっかりとしたマニュアルが無く、雑な仕事であるところも多いです。
交渉で回数を重ねると馴れ馴れしい言葉使いをしてくる担当者や契約を早るあまりに乱暴や上から目線での話しかたとなる業者も多いです。
店内の事務所デスクなどに書類が山積みであったり、お店の掃除が行き届いていないという業者も良い業者とは言えません。
お客さんの前で業者間の電話やその内容がお客さんに聞こえるようなやり取りをする業者も良い業者ではありません。

    必見!お勧めWEBサイト

  • 2020年の東京オリンピックを控え、今注目を浴びている民泊代行やAirbnbの代行にご興味をお持ちの方に是非見ていただきたいサイトがあります。Febowでは24時間日英中の3ヶ国語対応のカスタマーサポートや民泊の代行をお任せ出来るプランが充実しています。

Copyright(C) 良い不動産業者と悪い不動産業者の見分け方 All Rights Reserved.